雪がとけたら何になる?

NO IMAGE

「どう思う?」

とか

「どう感じる?」

感受性を図られる質問が苦手です。。。

新石鹸の会

先日も毎月の勉強会に参加させて頂きました

冒頭に

講師のCharm/MARCH塚本社長からリクルート映像を見せて頂ける時間がありました

その中の「あるPV動画」を見た新石鹸の会参加メンバーに感想を聞いていた時

思い出したんですよね

もう10数年前になるでしょうか。。。

お客様からの突然の質問

「雪がとけたら何になる?」

これは後から知ったことなんですけどね

・・・

東北地方のある小学校で

教師が児童に

次の質問をしました。

「雪がとけたら何になる?」

ほとんどの子どもたちが「水になる」と答えたそうですが

一人だけ次のように答えた子がいたのです

「春になる」

「雪がとけたら春になる」

この季節感あふれる答は、豊かな感性がなくては出せない答えです

しかし、この子に対して教師は×(バツ)をつけたそうです

つまり不正解にしてしまったというのです

そのことで物議をかもして、一時、新聞にも採り上げられたようです

・・・

その時の僕の答えも

もちろん

「雪がとけたら水になる」でした

「雪がとけたら春になる」なんて感性を持ち合わせていません。。。

その新石鹸の会のPV動画を見て、その感想の模範解答(そのPV動画が伝えたいこと)に対して自分の答えがあまりにも感性なさすぎて

そして、これを思い出し

いろいろ感じる事が出来たんですよね

「雪がとけたら水になる」も「雪がとけたら春になる」も「雪がとけたら雪合戦ができなくなる」も正解ですよ

計算問題の正解はひとつなんでしょうけどね

問題は

【決まった答えじゃなければ不正解だと決めつけてしまう事】

先輩の考えが一番正しいなんて誰が決めたの?

そんな気づきをいただいた

今回の新石鹸の会

受講オススメです

自社も、、、

ゲームチェンジャーがキーポイントですね

ありがとうございました!

髪師の好き勝手言カテゴリの最新記事