そりゃあ先輩の思い通りにはなりません

そりゃあ先輩の思い通りにはなりません

最近よく耳にするのが「後輩がどうのこうの」「部下がどうだ」とか・・・

後輩や部下がどうやら先輩自身の思い通りにならなくて

ギクシャクしている話をよく聞く。。。

後輩やら部下やら

そりゃあ先輩の思い通りにはなりませんよ

先輩が作った壁は相当分厚い

【先輩が作った壁】を後輩は崩せません。。。

相当分厚いはずなんですよ

壁を作るに至った理由がそれ相当にあるでしょうし

「反省が見えるまで」壁を作りっぱなしってことにもなるでしょうね

狙い通りにいかなければ

その【分厚い壁】を

作った本人、、、その先輩が自ら壊すことになっていきます

そんな羽目にはしたくない

だから結局ね、、、

【壁を作ること】自体が

先輩自身、自分を棚に上げて

後輩の上げ足ばかり取って

部下の悪いところしか見ていない。。。

後輩や部下って

良いところを無視されて悪いところだけ指摘されても

何が良い範囲で、何が悪いか判断しきれない

だから、良いところはちゃんと伝えなきゃね。

後輩のああだこうだいう前に

自分がちゃんと物事に筋を通さねば・・・

「先輩としての器」が見切られちゃいますよ

先輩自身がどうなのか。。。

そこですよね

マネジメントカテゴリの最新記事