承認欲求をうまくコントロールする

承認欲求をうまくコントロールする

【認めてほしいと思うことを大切にしてほしい】

認めてほしいと思うこと、前面に出すことは大切だと思います

何もアピールが無いと認めるところも認められない場合もある

どんどん自分を売り込むことは自己アピールとして必要です

自分を認めてってアピールすることに慣れないと苦しい承認欲求

『自分のことを誰かに認めてほしい』その気持ちは、それが原動力になって頑張れる良い感情であると同時に、強くなればなるほど、認めてもらえなかった時には淋しさやガッカリ感、怒りに変わってしまいます。

この気持ちは、けっして「悪い気持ち」ではないのです。身勝手な感情でも、ワガママな思いでもありません。

「自分の行動の結果、認めてもらう」ということが、上手くいっていれば元気に頑張れて気分が良くなり、上手くいかなければ辛くなってしまう…

そういう感情なんです。

承認欲求をうまくコントロールする秘訣

それはコミュニケーションしかありません

他人にいきなり『自分のことを認めてほしい』アピールされたらどうですか?ちょっと引きますよね

それはなぜかというと他人とは全くコミュニケーションが取れていない仲だから。。。

今までは

他人と呼んでた仲でも最近はSNSの中では同志以上のコミュニケーションが取れていることがあります。
SNS上は抵抗なく受け入れることがあります。

それもコミュニケーションです。

SNS上とよく似ていて、自分のことを話すことから始まります。

特に後輩や部下は自分から積極的に話しかけたりすることも大切ですが、時には質問したり、確認したりと、コミュニケーションはただ話すだけではありません

認めて欲しいばかりに力を注ぐのは『?』マーク

たまに『これだけ頑張ってるんだから認めて欲しい』ってオーラ全開丸出しの人もいるけど、それって結局何がしたいのかわからないんですよね。

っていうか、それぐらい頑張るのが当たり前やんって感じ。

認めてもらうには、認めてもらうしかない

これがわかればバッチリなんですけどね。

先輩や上司が認める時はまず見るところがあるんです

それを抜いて認めることはありません

まずはその基本となることをしっかりとやってから、継続しつつ結果を出す!

そうすると自分への風向きが違ってくるものです

マネジメントカテゴリの最新記事