TZK アッシュ系は激ムズカラー(汗)

TZK アッシュ系は激ムズカラー(汗)

今日のTZK様

ご予約時

「もしかしたらブリーチも必要かもしれません!」とのことで…

TZK様ご来店

これとこれのあいだ!?

施術前は9レベルのブラウン系

次の公演でのカラーはまだ未定とはいえ

おそらく明るめのカラーになり

今のうちにブリーチして明るくしててもいいかな?とのことでした

そしてご希望のカラーは…

この色と

この色の間で!

とのこと…

イエローすぎても、アッシュすぎてもNG

こんな時って激ムズじゃないですか??

ここで2つ

確認しながらの2つのご提案をします

山本「1つ目のやり方は、ブリーチを施術してカラーした方がキレイに入ります。ただブリーチしてからのカラーなので色持ちはあまりよくありません」

2つ目は

山本「明るめのカラーで1度施術してみて、おそらく明るさが足りないだろうからもう一度明るめのカラーをします。

2回カラーするのは同じですが、ブリーチするカラーほど透明感は出ませんが、ダメージほどダメージは無く、ブリーチ後のカラーより色持ちは良いです!」

この質問は【ブリーチ】をやりたいのか、それほどブリーチにこだわっていないのか

TZKさんだからこそ(ブリーチ慣れしている)の質問です

TZK「ブリーチで!」

そ、即答ですかw

山本「かしこまりました。ではブリーチしたらイエローが強くなりますので、次のカラーでイエローを消しながらご希望の色味に近づけますね。ブリーチの放置時間は短くするのでその時に対応します。」

TZK「よろしくお願いします!」

ブリーチ放置が短時間のワケ

そんなカウンセリングを済ませて

ブリーチです

ブリーチ前の根元は新生毛でほぼ黒

仕上がりがアッシュ系のイメージなので

下準備のブリーチは

根元はワザと少し空けて

次の明るめカラーで根元を染めていきます

ブリーチの放置時間は短め

それは

しっかりとブリーチしすぎると

黄色が強すぎて次のカラーの色味が入りすぎてしまう恐れがあるために放置時間は短時間にします

特に使うカラーの予定がアッシュベースなので

ブリーチで毛先の色味が抜けすぎていると

毛先だけブルーやグリーンに偏ったりしてしまいます

ブリーチ後

ブリーチで抜けきれていないので

若干イエローよりオレンジ味が強いベースに

ここからご希望の

この間の色を狙います

今回のブリーチ後カラーは

根元にもしっかりと塗布して

根元から毛先に掛けての透明感を狙います

そして

仕上がりはこちら

ご希望色のように

アッシュすぎず(左側の写真)

イエローすぎない(右側の写真)

ちょうど間ぐらいのお仕上がりになりました

ドライ後はこんな感じ

根元をブリーチやらなくても

2回目のカラーで根元までしっかり塗布すれば

(ご希望色にもよりますが)

これぐらい上手く馴染ませることができます

ブリーチ後のカラーは

ブリーチでのベース作りが重要ですね

それと

写真などでご希望の色を確認したりしますが

これぐらいの色で!とか

これよりも…とか

お客様のイメージをこちらがどれだけ分かってあげられるか

カウンセリングでのやり取りも大切なことです

TZK様

本日もありがとうございました

理髪師Beautyカテゴリの最新記事