【真似をすることも】素晴らしい能力ですよ

【真似をすることも】素晴らしい能力ですよ

月日が経つのは早いものです

さてさて

1月、2月を経験をどう生かすか?

皆さんの経験値は毎月リセットされていないですか?

ちゃんと1月2月の経験値を積んで3月に挑んでいますか?

経験値

この『経験値』は成功も失敗も含まれます!

多店舗展開していると

他店舗経験値を自店経験値にすれば…

さて?

どれぐらいの経験値換算になるでしょうか?

ただし…

何もしないと経験値は積めません

何も思い出さないと経験値を生かせません

何も共有しないと自店経験値になりません

何も真似しないと他店経験値を生かせません

真似する能力

売上なんて『創造する能力』よりも『真似する能力』があれば、必ず作れる!

売上を創造することとは…

どうやったら売上上げられるかな?

予測に対してあと10万円、20万円プラスするにはどうしたらいいのかな?

あと30人集客したいな。

売上を創造することなんて

普段のサロンワークで、今までに幾度も幾度もやってきましたよね

そして何度も何度も上手くいかず、課題を見つけては修正して次の策を考えてを繰り返してきましたよね

売上を創造することはとても難しいことなんです

だから無理に最初から売上を創造することなんてやらなくてもいいんです

成功事例を真似する

無理に最初から売上を創造することなんてしなくてもいい

でも

毎日、毎月の売上は大切ですよね!?売上が無ければお給料もありません

だから、何としても売上が必要です!

いくら必要ですか?

それは自店目標の売上、細分化した自分個人目標の売上が必要なんです

その必要な売上を作るためには

最初から売上を創造することよりも

成功事例を真似することの方が手っ取り早いのです

同じ店の売上上位のスタッフ

同ターゲット層の売上上位他店舗

集客成功戦略事例

単価アップ成功戦略事例

など

自分とは違う誰かの

自店舗とは違う他店舗の成功体験、事例をとことん真似することで

売上を作るきっかけをもらう

これはトップダウンでは成せません

真似して売上を作るには

ボトムアップで成せるのです

『トップダウンの場合』

ひとつの成功事例が全てに当てはまる可能性が低く、かえって革新を阻害する

しかし企業を変化させるには手っ取り早い

『ボトムアップの場合』

やりたいことやひとつの提案を実行するまでに時間がかかる可能性がある

しかし、やりたい事とやりたくない事は自分の決定権範囲が大きい

トップダウンもボトムアップも時と場合によって良し悪しはあります

しかし

スケールメリットを生かして、他店舗の成功事例を真似する能力があればボトムアップのマイナス部分をひっくり返せます

各店共に全く異なった商売をしているのでしょうか?

各店共に全く異なった客層をターゲットにしているのでしょうか?

多店舗企業でありながら実は各店が孤立店舗になっていないでしょうか?

一人ひとりが責任をもって志事していますし、別々の地域で勝負していますから

結果的には個店個店単位なのは確かです

OODAループ

しかし

戦略や戦術、成功事例や失敗事例の情報スケールメリットは生かすべきですよね

その中で自店舗に当てはまるものを見つけ出して実行すること

まずは【真似する能力】が必要なのです

真似する能力には

自店舗の分析

他店舗の成功事例分析

他店舗の成功事例を素直に聴くこと

大切なのはPDCAではありません

その時に必要なのはOODAループです

みる【observe】

わかる【orient】

きめる【decide】

うごく【act】

さて

自店舗にハマる自社他店舗話を

たくさん聞きましょう!

マネジメントカテゴリの最新記事