一人じゃないからこそ【時間の使い方】について話し合う価値が大いにある

一人じゃないからこそ【時間の使い方】について話し合う価値が大いにある

最近の時代の流れというか

それが今の時代に必要なんだよって感じで

【時間の使い方】を変える必要があると思うんですよね

組織において時間というのは捉え方次第で

生かすことも出来れば

拘束することも出来る

1人の仕事であれば時間にメリハリを持たせて自由にもなれるでしょう

それが一人の魅力の一つかもしれません

時間の価値観を共有する

【組織】だからこそ【時間の価値観を共有する】

【時間の価値観】を今こそ考えて共有する時

一人の時間は自分が自由に使っていい

でも組織となるとそうは言ってられないですよね

組織において一人一人の時間を自由にしてしまっては時間の使い方がバラバラになり

まとまりも悪くなる

組織の中での【時間の自由化】は

時間への考え方を話し合わない限り

効率も悪くなってしまいます

だから効率を良くしようと

時間の使い方をルール化し、統一を図る

それが今までの時間に対する考え方

その考え方では時間に拘束されているようになります

いや現実、時間に拘束されています

拘束されているから【時間の無駄】を過ごすという考え方になります

それはもうみんな気づいているはずです

そんな今の時代

掃除はいつするのか?

とか

勤務時間内にやるべき事なのか?

掃除は美容師の仕事なのか??

いや、掃除も美容師の仕事です!!!

これは、間違えないで下さい!!

掃除は美容師にとって、絶対に外せない仕事なんです。。

けどね…

もっと、負担は減らす事が出来ないのかなぁ〜?

僕は効率の悪い掃除は「無駄」だと思ってます。。。

もっと、掃除も効率良く

やらなくていい事は、工夫で乗り切って、店内の美化を保つ!!

そんな事もっと、進化させられないかなぁ?

 

会社の暗黙の決まりで月一にサロンの大掃除があります

だいたい日曜のサロンワーク後、1〜2時間かけてやります。

でも、最近ウチのサロンは月一の大掃除やってません

汚いサロンは絶対行きたくないですよね

要は

手が空いた時に掃除しましょう

お客様がいない時に空調のフィルター洗いましょう

って事にしています

月一の大掃除が目的じゃないですよね

目的は何なのかってこと

 そして例えば

営業時間は平日だと9時〜18時、土日だと9時〜20時

先輩後輩の予約状況に関わらずです

もし先輩や後輩が夜23時まで営業をしていたとしても平日であれば18時、土日であれば20時になった時点でその後は自由という特殊な環境

あり得ませんよね

18時になったら帰って寝てもいいんですよ

遊びに出かけてもいいんですよ

練習してもいいんですよ

モデルをいれてもいいんですよ

本当に自由

だからこそ、活かすも殺すも自分次第

それでも時間の共有なしでは問題だらけになりますよね

 

全てを参考にするべきじゃなくて、こういう時間の創り方を理解するべきなんです

ただ、組織が大きくなればなる程

何事も改革的なことの第一歩が重たくなるという事実もある

フットワークが重い。。。

 

組織が大きくなる程って・・・

さて、組織が大きいとはどれぐらいが大きいのでしょうか?

3店舗?

5店舗?

10店舗?

50店舗?それ以上?

『組織が大きいからフットワークが重い』って、ホントにそうなのは10店舗以上のスタッフが100人以上在籍してるって事が最低限じゃないですかね?

それ以外では、自分たちが勝手に

『やりにくい』『変えにくい』『動きにくい』『フットワークが重い』って決めつけちゃってる

現に、ウチのグループは今、8店舗で50名弱。

それは大きいのか?大きくないのか?

 

会社の歴史が長ければ、良くも悪くもネックになるものがある

会社を存続してきたのもその時のスタッフ

諸先輩方です

でも、それを改革していくは現スタッフに間違いありません

「その気あるスタッフたちが立ち上がって行動に移す」

それは幹部だけでは足りなくて・・・

いや、『幹部を動かすのは後輩たちの想い』でもありますよね

まずは

【時間の価値観を考える】こと

【時間への新しい考え方を共有する】こと

そして

【改革的な行動を起こす】こと

 

『想い』と『行動』が合致しない限り

 

実現しません

 

マネジメントカテゴリの最新記事