過去分析は超重要事項

過去分析は超重要事項

2019年も半年が過ぎました

昨年に2019年の年間計画を立てた時のイメージと6月までの状況はいかがですか?

もちろんイメージ通り、目標通りなんてうまくはいきません

なぜイメージ通りになっているのか?

なぜイメージ通りじゃないのか?

なぜ目標通りになっているのか?

なぜ目標通りではないのか?

この「なぜ」が明確かどうかが大切です

目標を立てたり

戦略を練ったりする時は

先見性をもって状況分析したり

準備したりすることが一番重要です

その結果が数字になりますからね

状況分析や準備に「今のなぜ?」がたくさん埋まっているわけです

結果分析を軽視しない

みなさん、このままので満足!だなんて思っていないですよね

もちろん

6月の結果、6月までの結果はこれから挽回してやろう!とか

もっと頑張ろうとか思っているでしょう

それはどうやって実行しよう作戦を練っていますか?

例えば

紹介客増やすぞ〜

来店サイクル調整するぞ〜

タイアップするぞ〜

単価アップするぞ〜

店販売るぞ〜

いろんな作戦がありますよね

しかし、、、

しかしですよ?

今までもやってたのに…

初めてのことじゃないのに…

なぜ

今の結果があるのでしょうか?

今、その作戦を実行しても思った通りになるでしょうか?

答えは

作戦の見込み通りになっても、売上は下がります

なぜ?か、わかりますよね?

『売上が上がっていない原因を理解していないから』です

「増客したいときはまずは失客しないこと」など

失客理由を見つけ出すことが一番大切なのは周知の事実ですよね

バケツの穴を塞ぐことが先決

それと同じです

削除していくこと

売上が上がらなかった理由をひとつずつ削除していくこと

7月からの挽回で年間売上でプラスにするには

それがとても重要なことです

まずは

なぜイメージ通りになっているのか?

なぜイメージ通りじゃないのか?

なぜ目標通りになっているのか?

なぜ目標通りではないのか?

課題だと思ったことを

ひとつずつ洗い出し

マイナスだったことを削除していく努力をする

そのために振り返ることはとても重要なことなのです

マネジメントカテゴリの最新記事