【うねる】【はねる】どうしたらいいの??ブロー編

【うねる】【はねる】どうしたらいいの??ブロー編

髪の毛がはねる原因は、【くせ】と自然に流れる【毛流れ】

そして、毛流れを決めるのが【つむじの向き】

日本人の約7割が、右回りのつむじ(時計回り)ですね。

この、右回りのつむじのせいで、右側の髪の毛と左側の髪の毛が逆の流れをしてしまうのです。

そして【右側だけはねてしまう!】が多くの人が気になるところではないのでしょうか。

髪の毛がハネにくい乾かし方

髪の毛の乾かし方は、2段階に分けて乾かしてください。

**1**

【根元】を乾かす。

まず、全体の根元の向きを整えます。

この段階では根元だけ意識して乾かすので、髪の毛全体は嵐にあったような感じになりますが、気にせず根元の向きを直す事だけに集中して乾かしてください。

この時、毛先に水分を残すイメージで!毛先を乾かしすぎないでくださいね。

髪の毛がはねてしまう原因は、【くせの強さ】と【根元の向き】なので、髪の毛を顔の向こう側まで持っていくぐらいの勢いで根元から起こし、ドライヤーを下から【根元】に当てましょう。

くせが強い人は髪の毛を引っ張りながらくせも伸ばしてあげるイメージで乾かしてください。

**2**

毛先を乾かす。**1**の段階で、毛先を乾かしすぎていなければパサパサの状態にはなってないはず。(毛先が乾燥しすぎていたら、少し水で濡らしてください)

そして一度くしやブラシで髪の毛を整えてみてください。この時点で普段と今回の状態を比べてみてください、毛先のはねが収まっているはずです。

ブラシで整えたら、次にドライヤーを上から下に向って髪が落ち着くイメージで乾かしてください。(髪の毛に2割程度の水分を残すイメージで乾かすのがコツ)

髪のうねり、うまく直せてる?

【はねにくい乾かし方】と【うねりの直し方】はちょっと違います・・・。

うねりを乾かしながら自然なストレートにするやり方は・・・

まず余分な水分はしっかり乾かしましょう。タオルドライが不十分だと一番重要な乾ききる瞬間まで気持ちが持ちません(乾かすことに必死になって最後の大切な部分が疎かになってしまっては意味がないのです・・・)

髪のうねりは、雨の日の湿気によって、髪内部の水分が増えるために起こりますよね。

ブローの時にはドライヤーの熱をしっかりあてて充分に乾かし、そしてまっすぐ状態をキープ、手でテンションを掛けながらドライヤーの熱をあててましょう。

髪の形がキマるのは、実は、髪が乾ききる瞬間&熱が冷める瞬間。

ドライヤーの熱をあてながら、ブラシで髪をひっぱるようにまっすぐのばしてブローすると、きれいに仕上がります。

ブラシブローが苦手な人は、くるくるドライヤーでも問題なしですよ。

ドライヤーの役割

・髪を乾かす時間が早くする

・髪のパサつきを押さえてくれる

・髪のタンパク質が熱変性で固くなるのを防いでくれる。ダメージ毛になりにくい

・髪のハネ、癖を直しやすい

昔は家庭用ドライヤーは風量の弱い物ばかりでしたが、現在はとても良い物も多く出回っています。

毛量の多い方・クセが強い方・髪が長い方は特に良いドライヤーを探すのも良いかもしれませんね。

ドライヤーを変えるだけでも髪のお手入れがやりやすくなるはずです。

理髪師のツヤ髪カテゴリの最新記事