『知る』と『判る』は違う

『知る』と『判る』は違う

お客様を『知る』のと

お客様を『わかる』の違いを理解しないといけません

『知る』とは職業や年齢、どれぐらい切るのかってこと
見えるところを見逃さずしっかり観ること

これもめちゃくちゃ大切です

わかるって言うのは心理を理解すること

どういう気持ちで来店されたか

なぜ切りたいのか

なぜパーマをしたいのか

見えない部分の理解

これはもっと重要なことです

シャンプーが上手いスタッフは伸びるってよく言うけど

力加減や温度調節一人一人に合わせる

それって当たり前のようなことかもしれませんが相手の気持ちがわかるってこと

コミュニケーションが当たり前な現在は更に、ココロケーションが大切になってきてる

心や希望をデザインする

相手を思いやれる気持ち

見えない部分を理解するには『相手を想う気持ち』が必要です

相手のために何ができるだろうって日々の生活の中で持つと自分のその部分の世界観がかわってくる

それが見えない部分へのアプローチ方法

仕事だけではなく

先輩や後輩に対して

友人に対してなど自分と関わる全ての人にも役立つことですね

マネジメントカテゴリの最新記事