スタッフがお客様に興味を持たない限りお客様はスタッフやお店に興味持たない。

スタッフがお客様に興味を持たない限りお客様はスタッフやお店に興味持たない。

今後はより深く関係性を深めていくことがサロン運営で必要な事ではないでしょうか

消費者心理が変化すると経済が変化すると言われているように今までのサロンのやり方を分析し改善していく繰り返しの中で消費者心理…お客様心理をどう捉えていくか

どこに重点を置いて関係性を深めていくのか考えてきたいですね
 

お客様と関係性を深める

 
お客様との関係性がすごく大切だというのはどんなサロンでも理解しているところです

一言で関係性と言ってもサロン外で食事をするなどの関係性では無く
 
『お客様とサロン』
 
この関係性をどう築き上げるかですよね

個で深めていく戦略、サロンで深めていく戦略、会社戦略いろいろありますが、行動しているサロンはどのようにしているのでしょうか

それを分析することで自サロンで見直す事も改善することも見えてくるはずです
 

関係性を深める最重要事項

 
お客様がお店やスタッフに親近感を抱くでは無くまずは『スタッフがお客様に感心を持つ』、『お客様の事を想う』それが大切なんですよね

デジタル化している近年様々なやり方があります

ブログ

Facebook

LINE@

動画

その他いろいろあります

アナログ的な考動も効果的

手書きサロンNEWS

ダイレクトメール

手書きメッセージ

などなど

手書きサロンNEWSなら
 

自分が書いたならそのスタッフは全員に渡したくなるし内容がどうだったか聞きたい

 
その意識よって会話も拡がります

全員接客型サロンなら全てのお客様に感心を持つ必要があり、そうさせる仕掛けがサロンには必要になります

「お客様の事を想って何かをする」

「お客様の事を何かに書き留める」

これだけで関心が湧くわけです

そうする事でお客様がサロンに感心を持ち、継続すればサロンのファンになって頂ける

サロンターゲット層に合わせて行動することができているかどうか、結果と分析の追跡が今後を左右していくのかもしれませんよ

 

マネジメントカテゴリの最新記事