『そのうち何とかなるだろう』では成果がでない

『そのうち何とかなるだろう』では成果がでない

成果を出すってことは

望む結果が出るって事ですよね

望む結果=目標

成果を出すのに方程式があればいいのになぁと思うことがあります

そんな方程式を探した事ってありますか?

原因と結果の法則

【何らかの結果には原因がある】

良い結果の原因=方程式のヒントになります

ただ

方程式って式じゃないと思うんですよね

良い結果の原因=方程式のヒントには

事前準備やら向き合う姿勢、情熱とか色んなものが良い具合に絡み合ってミックスされているはずなんです

そこに方程式のヒントがあるはず

そのうち何とか…は、ならない

的確に動かず、方程式のヒントにもならない動き方をしているのはただ疲れるだけ

ただ、やみくもに動き回って『そのうち何とかなるだろう』は何の成果も得る事が出来ません

途中経過や結果分析も重要ですが

数字には表れない気持ちの部分が足りているかどうかを考える必要があるんです

気持ちの部分を満たすにはあらゆる角度から見て仮説を立てて、シュミレーションし.、色々な事をイメージしておく事が大切

そうする事でイレギュラーな事が発生しても許容範囲になるので

そのイレギュラーも前向きな気持ちを満たすエネルギーになりますからね

何が原因なのかを見極める

望む結果が得られたとしても、問題はそれをもたらした原因が『何なのか、誰なのか』なんです

もっといえば

その成果は自分が原因なのか

自分以外の誰かが原因なのか

それを見極めるって事です

誰かのアドバイスが的確で

そのアドバイスのお陰で成果が出たのなら

それは自分以外の誰かの成果

問題は

その成果を自分のチカラと勘違いしてしまうこと

もちろん、自分のチカラがあったからこそ成果が出たのも事実です。

それも認めつつ、常に成果を出し続けるには

自分以外の誰かのお陰で出た成果でも

それを理解してしっかりと記録、記憶、そして分析し、次の成果は自分のお陰、自分のチカラにつなげる事が大事

『自分が原因の成果』を積み重ねていく事に意味がある

勝ちパターンや方程式は自分で見つける事で自分のチカラとなっていくモノなんですね

マネジメントカテゴリの最新記事