優しい言葉と激しい言葉のチカラはどっちが強いんだろ

優しい言葉と激しい言葉のチカラはどっちが強いんだろ

伝える言葉にリズムを組み合わせて声に出しますよね

それは相手に伝えたい言葉なのか、自分が吐き出したいだけの言葉なのかで随分とリズムが変わってくる

その優しいリズムと激しいリズムでは伝えたい気持ちがチグハグしているはずなんですよね

激しい言葉はただ吐き出したいだけでしょ

物事や出来事に納得できず

自分でも消化しきれないことに締め付けられて挙げ句の果てに吐き出したい言葉を感情と共に吐き出す

それはただ単に吐き出したいだけの言葉で相手に全く伝わっていません

そんな言葉って相手側にしてみれば分かりやすいんですよ

そんな人にはホントにわかってほしいことは置いといて

違う部分を理解させないといけなくなるわけです

激しい言葉はホントにあなたが損する対応なんですよね

優しい言葉は心で聴ける

激しい言葉は耳でしか聞けません

耳で聞く言葉に重みは無くて、感情の反論しかない

でも優しい言葉には温かみがあり

心で聴くことができます

心で聴くことによって

ようやくそれに対しての議論ができて互いが良い方向に向けますよね

まずは自分の感情をコントロールすること

そして激しい言葉は弱さを露呈することと理解すること

最後に心で聴けるのは優しい言葉だと理解すること

言いたい事を言う前に言い方一つで状況が変わる事を知っておきたいですよね

マネジメントカテゴリの最新記事