言葉にも厚みを出して行動にも筋を通すこと

言葉にも厚みを出して行動にも筋を通すこと

スタッフが大勢いるといろんなことも起こりますよね。だいたいのトラブルは何かをやり始めようとした時に起こるように思います。

口だけの奴ってレッテル貼られてない?

組織になるといろいろな分野が存在すると

いろいろな分野で責任が出てくる

節目節目のポジションで活躍するスタッフ達

そのスタッフ達の意見は特に尊重して出来る限り良い方向に進むように方向修正をします

そのスタッフ達からすると自分の意見が通っているわけでやりやすいはずなんです

それならもう少しこうした方がいいよと助言、もしくは共にやっていくスタンス

そうすることでこちら側の意見を押し通すことなく(時には押し通すことも必要)

そのスタッフ達の考えを共有しながら計画や企画

教育など組み立てていけるんですよね

ワンマンでやるべき事と多数でやる事のラインはしっかり引いておくべきだと思っています

大切なこと

その節目節目のポジションで大切なことって何でしょうか?

元々良いモノを持っているからそのポジションが与えらえた、任された、チャンスをもらった

その個人によって受け方は様々かもしれません

まぁ見込みがなければそんなポジションすらありませんから

ポジションにいるスタッフは、そのポジションに立ってから行動の方が大切だと思います

その行動の考え方は、たった一つだと思うんですよね

人の立場で物事を考える事

これすごく大事で、この『人』っていうのが「お客様」・「スタッフ」・「関係者」など自分以外の自分に係る人全てに置き換えます

それができれば言葉にも厚みが出てくるし、行動にも筋が通る

何より信頼してもらえるようになります

節目のスタッフが口だけだと単なるトラブルメーカーに成り落ちてしまいます

口だけだとレッテルを貼られ、知らぬ間にトラブルメーカー扱いにされてはいけません

一度

 

『人の立場で物事を考える事』

 

見つめ直す必要があるかもしれません

 

マネジメントカテゴリの最新記事