気付きが足りない時は型にはめてみるススメ

気付きが足りない時は型にはめてみるススメ

気が利く人はちょっとしたコトによく気付きます

特に「小さな親切」ほどよく気づいているような気がします

「小さな親切」を当たり前だと思わない事ですよね
 

大きな親切さえも気付かない

 
小さな親切を当たり前に思わないどころか、大きな親切さえも気付かず、今ある環境が当たり前ぐらいに思ってる人もいます

気付く人からしたら気付かない人の「考えを変えない」「人の意見を聞かない」とかそういった差を感じさせるのかもしれません

仕事には色々な気付きが大切になることが多いですよね

だから、もっと気付いてほしい

そう思います
 

気付きを鍛えることはなかなかできない

 
気づきを鍛えることはなかなかできませんよね

そんな時はひとつのことにルールを決めてその型にはめることが有効なんです

型にはめたくないのはわかります

そんなルールなんて必要ないこともわかります

でも、気付く人って自分の型やルールがあるんですよ

自分で理解していなくても、自分の型やルールがある

その型とルールが気付きを増やして気が利く人になってるんですよね

逆に気が利かない人、気付きが足りない人はルールがない

型がないんです

だからその型とルールは、気が利く人がつくる

そして、その型とルールに沿って検証する

それからやっと「小さな親切」にも感謝することができてくるはずです

 

 

髪師の好き勝手言カテゴリの最新記事