良い緊張感をもって良い仕事をする

良い緊張感をもって良い仕事をする

お客様に施術している時にどれだけ緊張していますか?

自分は結構緊張する方なんですよね

自分への不安感から緊張するタイプです

いつまでもビビってる方がちょうどいい

傲慢なスタイリストに出会ったことありませんか?

「で、どうしたいの?」←え?(驚)

「それは似合いませんよ!」←最悪(涙)

「全部却下!任せろよ!」←無理(汗)

出来れば出会いたく無いスタイリスト、ランキング上位ですよね

まぁホントにスタイリストに自信があって、それでお客様の無茶振りに『喝っ!』を入れるならまだ良しとしましょう

ホントにスタイリストに自信がある人こそ、お客様のご希望をちゃんと聞くんですけどね

それから、いろんなものを見極めて最終的スタイルをご提案していきますよ

もし、スタイリストにちょっと自信がなくて、自分に不安を感じてるなら

それこそちゃんとお客様の声を聞くべきなんですよね

不安だから聞いていると思います

これが、、、

不安感を悟られないためにと…

ちゃんと把握しきれず施術を始めると

最悪です

傲慢スタイリストよりも最悪です

もちろんお客様の反応を見ながら、判断していくべきですが

不安があっていいんですよね

不安だからこそ、ご希望をちゃんと聞いて、確認してコミュニケーションを取る

お客様って腕を信用するしないの前に

ちゃんと意思疎通出来てるかな?

ちゃんと伝わったかな?

この気持ちの方が強いですからね

技術や腕を信用するなんて、それからの話ですよ

まぁ自分は毎回めっちゃ不安です

だから

前回のスタイルはどうだったか

季節的にどうしたら良いかとか

カウンセリングの最後の最後に「他に気になるところございませんか?」とか

聞いてしまう

不安そうに聞くのでは無く、お客様を知りたくて確認するんですよね。

お客様をよく知らないまま施術することが不安だからです

傲慢すぎてもダメだし、不安すぎる表情もダメ

ちゃんと確認することもお客様の安心感に繫がります

 

 

髪師の好き勝手言カテゴリの最新記事