明石タイラバは釣れない?難しい季節…

明石タイラバは釣れない?難しい季節…

2023年、今年の鯛は釣れない!そんな声がちらほら聞こえてくる明石界隈のタイラバ。。。

乗合船で何度もチャレンジするものの、良くて2 枚当り前のようにボウズもあり得る。楽しみにしているせっかくの釣行で狙いの真鯛が釣れなかったら帰宅の足取りも重たくなりますよね。

鯛の活性は海水温の影響もありますが、冬のタイラバはどの場所でも難しく、特に明石では潮の流れが早いためより難しいと言われている海域です。

どんな意識をして真鯛を釣果に繋げれば良いのでしょうか?

準備

まずはできる限りの準備を。事前情報を確認して、釣行日の道具等をしっかりと準備すること。

  • ベイトタックル
  • スピニングタックル
  • 重り
  • ネクタイ

タックル

タックルはバーチカルに攻めやすいベイトタックル、そして角度をつけやすいスピニングタックル。潮が緩んだときなど、ワンチャンスを生かすためにスピニングタックルも持っていくほうが◎。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

重り

重りはタングステン(TG)と鉛の2種類を用意。潮の効き具合でTGと鉛の使い分けでより潮に馴染ませるのか、潮に馴染ませないのか?そんな極端な使い分けも出来るように〜100gまでは必須。

針を自作する人、市販されている針を購入する人、分かれますが1本針、2本針〜3本針を持っておきたい。2本針は針の段差がある物、ない物、3本針は一番下の針が長めな物。色々と持っておきたいところですが、悩まないオススメは段差なし2本針と3本針の2種類を持ち込みましょう。

ネクタイ

ネクタイはオレンジ、アカ、クロ、ミドリがメインですが、オレンジゼブラ、アカゼブラを含む数種類は必須です。

テクニカル

テクニカル的なイメージとしては、潮効きを感じてレンジを探れるようなタックルを追求すること。

アタリを出すためには?

タイラバはアタリを探る釣りなので、如何に今日の真鯛にアジャストしていくか?がもっとも重要になります。

潮と重り、潮と巻きスピードのちょうどいいバランスを感じながら巻き上げる。ちょっとした違和感を感じて微調整していく、それぐらい神経質に巻き上げることです!

そういった事を考えるとやはり難しいタイラバ。と思うはずなのですが…低水温期のタイラバはそういう釣り。

真冬のタイラバは考える釣りを追求して釣果に結びつける真鯛を攻略するための工夫を楽しむこと、そんな時期なのです。

タイラバカテゴリの最新記事