2024.5月2日明石タイラバ午後便

2024.5月2日明石タイラバ午後便

そろそろ午後便が始まる季節、朝マズメの午前便、午後便は夕マズメがあってその時間は朝マズメより夕マズメのほうがロングタイムでチャンス拡大?そのようにも感じます

そんな午後便に今年初乗船してきました

遊漁船は明石港から出船の島虎丸さんです

底ベタ攻略

今日の午前便の釣果はバラシも多くあったようですが、中々良かったようです

その調子で午後便も?と意気込んでいきましたが、今日の潮は午前◎午後△!ちょっと潮が緩いとのことでした

まだノッコミも継続中ですがアフターもあったりでサイズもまちまち…良型からチャリコまで上がっています

午後便船内ファーストヒットは早い時間に良型、立て続けにもう一枚上がって、良い意味予想が外れてチャンスあり!

釣れているネクタイは

スタートのシングルカーリー

海遊のヘラクレスカーリー

マスターカーリー

カラーはオレンジゼブラが効いているようでした

そんな中、自分にもヒット!

サイズは今ひとつでしたが、まだまだ気難しい明石の真鯛1枚は貴重です

70m底ベタから5回転でアタリがありました

その後は続かずポイント移動して、これも底ベタからアタリ!

こちらは赤ゼブラでしたが同時ヒットのネクタイはブライトオレンジ(黒の斜線が入ったオレンジ)

水深は90mライン

続きそうで続かないヒット…

そんなにイージーではありません

浮いた鯛の攻略

時折浮いた鯛が出現します

底から10〜20mまで反応があるアナウンス

そんな時は30〜40回転まで狙いますが、どうしても底から10回転ぐらいで落とし直す方が効率が良いと思って刻んで狙ってしまいますが

そこはしっかりと狙った人が良型をヒットさせていました

夕マズメも同じ状況で、日が落ちたタイミングも夕マズメ効果が残って良型は15回転以上でヒット!スピニングタックルでも効果ありでした

この午後便ではロクマル含む良型も複数枚上がってチャンスはたくさんありました

多い人で真鯛4枚

その他、ガシラやオニオコゼ、メバルやアコウも釣れていました

そろそろ暑くなってきます

水温が上がって安定すれば鯛も浮いてきたり、シャローに入ってきたりなど、状況に合わせてアジャストさせるのが楽しい時期になってきます!

楽しみな季節ですね

タイラバカテゴリの最新記事